<< ピギーバック輸送 | main | 練習しやすい涼しい陽気 >>

セルズニックが提唱した制度的リーダーシップの意味が何となくわかった

「制度的リーダーシップ」は、かねてから意味が飲み込めずに困っていた用語であった。
原価計算論の教科書トレーニングで予算のところを練習していたところ、
予算の計画機能の具体的アクションとしては各管理者の目標を公式化することがある
と書かれてある箇所に、
組織内に制度として組み込む
というメモ書きがあった。
おそらく教科書にある記述を先生が別の表現で説明してくれたのだろう。
制度化とは公式的に組織に組み込む、ということがわかった。
とすると、制度的リーダーシップとは、
リーダーシップという精神、考え方、コンセプト、ぼんやりした抽象的なものを、
見える形でシステムとして組織に取り込むこと
だといえそうだ。
これならしっくりくる。
一応は納得することができた。

スポンサーサイト

  • 2018.05.25 Friday
  • -
  • 07:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 何で俺だけ辛いのか?では無い。俺だから辛いのだ。
    俺 (12/23)
  • 何で俺だけ辛いのか?では無い。俺だから辛いのだ。
    む (12/23)
  • 期末監査の疲れを癒す四万温泉の湯蒸しウナギ
    俺 (10/30)
  • 期末監査の疲れを癒す四万温泉の湯蒸しウナギ
    む (10/29)
  • 「諦めない」とはどういう事か
    俺 (05/07)
  • 「諦めない」とはどういう事か
    む (05/07)
  • 生まれて初めてのストレート合格
    俺 (04/24)
  • 生まれて初めてのストレート合格
    む (04/23)
  • アリスと蔵六
    俺 (04/20)
  • 生まれて初めてのストレート合格
    俺 (04/16)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM